自費conditioning部門

介入方針

方針イメージ

スポーツ選手の方
・野球での肩の痛みに悩んでいる。全力で投げられない。
・陸上競技での腰痛、膝痛で走ることができない。跳べない。

・サッカー、バスケット、柔道などによる半月板損傷、前十字靱帯損傷で悩んでいる。
・痛みなどによる競技結果の低下・・・
*青葉リハビリセンターはトレーナーとは違い能力UPを目指しますが、治療による競技結 果の向上を目指します。関節の可動性や筋発揮能力の向上により成果があがることが期 待できます。

整形外科疾患(骨折、変形、痛み、痺れ)の方

・原因不明の痛みや痺れ、ピリピリ感で悩んでいる。
・手術後に違うところが痛くなってきた、痺れてきた。
・膝や股関節の変形で手術と言われたけれど手術したくない。
・腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアで手術と言われたけれど手術したくない。
脳神経外科疾患(脳卒中、頭部外傷、脳性麻痺、小児麻痺等)の方
・病院で継続したリハビリができなくなった。
・肩や足の痛みを何とかしたい。
・運動麻痺を少しでも良くしたい。
・痺れ、感覚障害を良くしたい。
・歩けるようになりたい、きれいに歩きたい。
内科疾患の方
・糖尿病を何とか治したい。適切な運動治療をしてほしい。
その他
・リウマチの痛みを軽減したい。
・手の震えを軽減したい。良くしたい。
・スポーツをやっているけれど、痛みがあってうまく動けない
・小児麻痺の成人した後の治療はどうしたらいいのだろう・・・
・もっとスポーツの記録を伸ばしたい、結果をだしたい。

*他にも身体機能や病気、日常生活の注意点等いろいろな相談に応じることが可能です。 まずはお電話いただき、予約をお願い致します。
自費conditioningではデイサービス介入とは違い、理学療法士が最初から最後までしっかりと時間をかけて治療します。また、自費conditioningでしか受けられない介入方法もありますので、お気軽にご相談ください。

施術の流れについて *担当者のご希望があればお伝えください。

  1. 問診、カウンセリング

    現在の症状、病歴、施術に対してのご希望などをお伺いします。
  2. 評価

    解剖学、生理学、運動学などに基づき、お体の評価を行います。また、歩き方や靴のすり減り方なども合わせて確認していきます。
  3. 介入計画の立案

    現状で認められている症状に対して介入方法の決定をし、運動療法、物理療法を実施します。これらの介入方法は理学療法士の専門分野となります。
  4. 施術

    青葉リハビリセンターでは解剖学、生理学、運動学、脳科学等を用いて独自の施術を行っています。患者様の身体機能に合わせて介入内容、訓練の種類、量を決定していきます。