青葉リハセミナー

コンセプト

ここ5年程で全国的にいろいろな研修会の団体が発足し、数多くの研修会が開かれています。新人や経験年数が浅いスタッフが中心となり、いろいろな研修会に参加をして「すごく勉強になった」「明日の臨床にいかしたい」と持ち帰ってきますが、いざ臨床の現場にでると、対応させていただいている患者にいかすことができないといった問題が発生することが多々あります。私達もそうでしたし、文献をたくさん読んでも同様のことが言えます。中には「この文献にはこのように書いてあった」「この疾患にはこの運動療法、作業療法が効果的だ」と文献に患者を当てはめるような状況になるん人もいます。
私達がいままで数多くの研修会に参加し、臨床研鑽して感じることは
「これさえやれば治る」「これだけでいい」なんて技術は皆無ということです。そういったものではなく「自分の体の動かしやすいポジション、力の抜ける位置」「筋や骨への触れ方、密着方法」が技術の中では最も大切で、学習(基礎知識)×技術×臨床の掛け算で『結果』になっていくものだと考えています。
青葉リハセミナーではもっとも重要な基礎知識、筋・骨へのタッチ、密着、自分の体の動かし方を知ることをコンセプトとしています。

ナイトセミナー

    CEO


ナイトセミナーでは少人数制の実技メインの講習会から40名程度の座学中心の講習会を企画・運営しています。基礎知識を学び、臨床応用に繋げるためのセミナーを企画しています。弊社スタッフ、外部講師が対応させて頂いております。


1日型セミナー

平成30年1月28日より一日型セミナーを開催いたします。
ナイトセミナーでは時間の制限等がありましたがディスカッションしながら臨床の話を中心に少しでも結果が残せるような講習会の内容とし、外部講師等にも依頼をかけています。