青葉リハビリセンターとは?

青葉リハビリセンターでは理学療法士、作業療法士により御利用者様1人1人に対して個別訓練メニューを立案し、介入しています。

 理学療法士とは大学病院や総合病院、整形外科クリニックなどでリハビリテーションの専門家として脳卒中、骨折、心臓病、慢性呼吸不全等多くの疾患の治療をしています。基本動作(寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行)の専門家で、運動療法のスペシャリストです。
 
作業療法士とは理学療法士と同様病院、クリニック等で従事しているリハビリテーションの専門家です。脳卒中や骨折(手指や手関節)を専門とし、巧緻動作(手や肩を使った細かい動作)のスペシャリストです。脳梗塞等が原因による記憶障害や高次脳機能障害に対しての介入が出来るところが理学療法士との違いです。
 青葉リハビリセンター職員全員が総合病院で働いていた経験があるため、幅広い疾患のリハビリ介入が可能となっております。痛みがでるような介入は基本的に行っていませんので、お気軽にお体の相談をしてください。


     CEO    

デイサービス部門では、主に病院を退院された後に継続してリハビリを受けたい、退院した時は動けていたれど、だんだんと動けなくなってきた等でお悩みの介護保険をお持ちの方が対象となります。日常生活上で一人で歩けない、立てない、起き上がれない等の動作が困難な場合や、慢性的な痛み、痺れにお悩みがあれば、一度ご体験にお越しください。介護保険下でのリハビリ治療には期限が決められていないため、基本動作能力や痛みの改善後も能力を維持する目的での継続介入、予防的介入が可能です。是非一度ご連絡ください。
理学療法士:4名
作業療法士:2名
リハビリ助手:2名

で運営しています。


  CEO

介護保険う医療保険等の保険外でのコンディショニング対応をさせて頂きます。スポーツでの怪我に対するリハビリ介入や介護予防分野での介入となります。痛みの原因である姿勢のチェック、筋力強化、インソール対応等全身に波及するような介入を実施します。痛みや運動麻痺に対する体のメンテナンスを受けられる場所を提供しています。国家資格である理学療法士、作業療法士の他、所属学会でライセンス、認定コース修了者等、しっかりとした実績をもっているを持っているスタッフが対応させて頂きます。



  CEO

屋外にでることができなくなった。もっと外にでたい。自宅の中でも一人で動きたい。安全な生活を獲得したい等の御希望に対して専門スタッフ(看護師、理学療法士、作業療法士)がチームを作って介入致します。職員全員で患者様の身体能力や身体状況を把握し、いろいろな角度から意見を出し合って一番その方にとって良い介入を心がけています。巻爪の処置、薬の管理や食事把握、栄養相談から点滴管理、専門的リハビリテーション等幅広く対応しています。弊社では予防看護に力をいれており、介護にならない為の看護、介護にならない為のリハビリを意識して介入しています。寝たきりになったから在宅看護、在宅リハビリではなく、そうならない為の訪問看護、訪問リハビリに力を入れています。詳細はお気軽にお電話下さい。
045-873-0756(訪問看護部門 電話番号)
看護師:3名
理学療法士:6名

で運営しています。

   CEO

青葉リハビリセンター、青葉リハ訪問看護ステーションではリハビリ職種向けのセミナー『青葉リハセミナー』を実施しています。いろいろな研修会に参加し、自分たちで企画し、実践してきた結果、今目の前にいる患者様に対して痛みの改善や動きやすくするなどのわかりやすい『結果』を求められます。私たちはconditioning部門等もしているので、病院で働かれている方よりも、クライアント様にシビアに見られているかもしれません。そんな中で今までやってこられたのは基礎がしっかりあった上で自分に適した介入方法があるということが分かったからだと考えています。
そこで、青葉リハセミナーでは基礎的な講義~実技をメインとし、明日より臨床で利用できる考え方、介入方法、他講習会での内容を掘り下げて分かりやすく理解すること。何より自分の体の動かしかたやポジション、触り方等を取得することを目的としたセミナーです。ナイトセミナー、1日型セミナーを月に1度、弊社スタッフまたは外部講師をお招きして開催しています。


現状対応している御利用者様の診断されている疾患名

脳神経外科疾患
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、脳腫瘍
頭部外傷 等
整形外科疾患 
大腿骨頚部骨折、脊柱圧迫骨折、変形性股関節症、変形性膝関節症
脊柱管狭窄症、肩関節周囲炎、後縦靭帯骨化症、側弯症 等
呼吸疾患
COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺炎後廃用症候群、間質性肺炎等        *在宅酸素療法(HOT)の方も対応しています。
心臓疾患
心不全、心臓疾患手術後の廃用症候群 等
特殊疾患
関節リウマチ、原因不明の痛みや痺れ
その他
各種難病 等